デスクトップ整理

こんにちは。
Web行政書士の市川です。

パソコンを使っていると、動作が遅くなってきたと感じることがあると思います。

その原因の一つが、デスクトップ上に散乱している
ショートカットアイコンやファイルの山です。

そこで今回は、デスクトップのファイルを整理してパソコンの動作を安定させる簡単な方法をお知らせします。

デスクトップが整理できてないとパソコンが不安定になる

デスクトップにたくさんアイコンが置いてあると、
パソコンの動作が不安定になります。

その理由は、
デスクトップ上にショートカットやファイルを置くと
それだけで、Windowsがメモリを消費してしまうからです。

そのために、アプリケーションを動かす実動メモリが少なくなって動きが鈍くなります。
ひどくなると、頻繁にフリーズしたりします。

また、Windowsの起動時もデスクトップ上のファイルを読み込みます。
だから、デスクトップにアイコンをたくさん置いていると、
立ち上がりが遅くなります。

すこしでも、起動を早くしてイライラを解消したいなら、
デスクトップには、必要最低限のアイコンしか置かないようにすべきです

現実的にも、机の上が汚いと仕事がはかどりませんよね?
整理整頓は効率的に仕事をこなす基本です。

片づけられない男(女)は、人間的にもだらしなく見られてしまいます(汗)。
まずは、サクッとデスクトップをきれいにしましょう!

デスクトップを整理するとても簡単なやり方

その方法は、別の場所にフォルダを作って、
ファイルやショートカットを移動させることです。

1.フォルダを作成

まずはデスクトップ以外の場所に任意の名前でフォルダを作ります。
例えば、Dドライブに『デスクトップ』という名前で作ってみましょう。

2.アイコンを移す

デスクトップ上に置いている、アイコンを“1”で作ったフォルダに移動します。
デスクトップにないと困るものだけ残しておき、それ以外を移しましょう。

3.ショートカットの作成

移動させたら、Dドライブの『デスクトップ』フォルダのショートカットを作って、デスクトップに置きます。

以降、『デスクトップ』フォルダのショートカットを開くことで、
今まで通りファイルにアクセスできます。

デスクトップもスッキリしますし、動作も安定します。

ランチャーを利用してアプリもスッキリ

これで整理できたとはいえ、
やはりアプリケーションのショートカットは、デスクトップにあった方が便利です。

なので私は、ランチャーを使っています。
ランチャーとは、あらかじめショートカットを登録しておいて、
ボタン一つで呼び出すソフトです。

フリーソフトでいろいろありますので、
使い勝手のいいものを見つけてください。

ちなみに、私が使っている無料ソフトはこれです。
どちらも使いやすいですよ。

Orchis
CLaunch