アクセス解析

こんにちは。
Web行政書士の市川です。

アクセス解析を導入したら、
これだけは確認しなければならない3つの項目があります。

この3つをチェックすることで、
サイトをどう改善していけばいいかがわかります。

今回は、Google Analyticsの操作法と合わせて解説しますが、
他のアクセス解析でも押さえるべき項目は一緒です。

アクセス解析で絶対確認すべき3つの要素

  1. ユニークユーザー数とページビュー数
  2. 検索キーワード
  3. 表示されたページ

グーグルアナリティクスでの確認方法

Google Analyticsの画面を開く→http://www.google.com/analytics/
画面右上の【ログイン】をクリック

Google Analytics

メール欄にGoogleアカウントのメールアドレス、パスワードにGoogleアカウントのパスワードを入力して【ログイン】をクリック

Google Analytics

アカウントホームの画面になるので、アクセス数を確認したいURLをクリックする。

Google Analytics

プロパティ名が出てくるので、確認したいものをクリック

Google Analytics

ユーザーサマリーの画面になる

Google Analytics

ユーザー数が、サイトを訪問した人数(一般的にユニークユーザー数と呼ばれる)
ページビュー数が、ページが表示された総数。

一人がサイトを訪問して、3ページ閲覧していったら、
ユーザー数:1
ページビュー数:3
になる。

どんなキーワードで検索されたかを調べるには、
左カラムの「トラフィック」→「参照元」→「検索」→「オーガニック検索」の順にクリックすることで、検索されたキーワードが表示される。

Google Analytics

検索キーワード=ニーズ
なので、訪問数の多いページのコンテンツを充実させよう。

どのページが何回表示されたかを調べるには、
左カラムの「コンテンツ」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」の順にクリックすることで、ページ別の表示回数が確認できる。

Google Analytics

このとき、中央付近にある「ページタイトル」をクリックすると、表記がURL表記からページタイトルに変更される。

ここで大切なのは、「平均ページ滞在時間」
この時間が短いと、訪問者がすぐ他のページ(他のサイト)に移ったことを意味する。
内容に満足していない可能性が高いので、コンテンツ内容の再検討をすべき。