インバウンドマーケティング

こんにちは。
Web行政書士市川です。

最近よく聞くようになった用語に『インバウンドマーケティング』があります。

ずいぶんと多くの専門家が話題にしているので、
よほど売上を上げることができる方法なんだろうなぁと思ったのですが、
従来のマーケティングの違いがよくわからなかったので、
やり方を含めて調べてみました。

そもそもインバウンドマーケティングの定義とは?

用語の意味を調べるには、まずWiki。
そこには、以下のように書いてありました。

インバウンドマーケティングとは広告出稿などに頼るのではなく、興味のある消費者は自ら検索をしたりソーシャルメディアで聞いたりして調べてくれるということを信じて、消費者自身に「見つけてもらう(Get found)」ことを目的としたマーケティング施策。

引用:MarketingPedia (マーケティング用語集Wiki)
http://marketingis.jp/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

従来の広告手法「アウトバウンドマーケティング」の逆をいく概念のようです。
アウトバウンドとは、文字通り「内から外へ」、
つまり、メールマガジンなどプッシュ型の広告ではなく、
プル型の広告手法に分類されます。

その具体例としては、
企業が消費者に有用な情報を、ホームページなどに載せて、
興味を持った人に検索されるのを待ちます。

つまり、外にいる見込み客が、中に入って来るのを待つんです。
だから、「インバウンド」。

インバウンドマーケティング

でも、そういうのは今までもありましたよね?
検索エンジンで検索するのは、かなり前から一般的なっていましたし。
なぜ、今、新しい概念のように言われるようになったのでしょう。

それは、ソーシャルメディアが台頭してきたことに関係します。

これまでは、興味を持って訪れてきたお客さんに対して、直接営業を仕掛けてきました。

無料の資料請求を申し込んできた人に対して、電話やDMを送るようなやり方です。
このような手法は、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)と呼ばれます。

さて、ここでTwitterやFacebookといったソーシャルメディアが現れます。
ソーシャルメディアが普及した事で変化したことは、
情報や口コミの拡散力とスピードが飛躍的に高まったことです。

それによって、似たような関心を持つ人々がつながりを持ち、
ソーシャルメディアでつながったグループを形成するようになりました。
(実際は、グループと呼べるほど緊密なものではなく、ゆるいつながりといった方がいいですが)

すると、企業側もソーシャルメディアを利用して形成されたグループに、
まとめて営業を仕掛けることができるようになりました。

つまり、消費者が興味を持ちそうな情報を用意して、
それを拡散力の高いソーシャルメディアで広めてもらうことで、
企業が多数の消費者の中に自分の居場所を作っていくのが、
インバウンドマーティングの定義になります。

これまでのプル型マーケティングと異なる点は、
ソーシャルメディアのとんでもなく強い拡散性を利用して、
短時間に、一気に見込み客を捕まえることが期待できる点ですね。
これは、非常に大きなメリットと言えます。

中小企業がインバウンドマーケティングを効果的に利用する方法は?
インバウンドマーケティングを導入する際の注意点