アクセスアップ

こんにちは。
Web行政書士の市川です。

今日は、検索エンジンからホームページやブログのアクセスが少ないときに
チェックするポイントをお話しします。

アクセス数が少ないときには何をチェックすべきか?

検索エンジンからのアクセスがないときには、
まず、下記の項目を確認しましょう。

1:インデックスされているか?

検索エンジンからアクセスを呼ぶためには、
自サイトが検索結果に表示されることが必要です。

そのためには、自サイトの内容が検索エンジンのデータベースに格納されなければなりません。
このことを「インデックスされる」といいます。
(実際は正しい表現ではないのですが、実務上あまり問題ではないので、簡単に覚えましょう)

つまり、サイトがインデックスされなければ、
永遠に検索結果に表示されることがないのです。

作ったばかりのホームページで、どこからもリンクされていないと、
インデックスされない状態が長く続きます。

リアルのお店を開店させた時、
宣伝をしなければ、誰もお店の存在に気づかず、お客さんが来ないのと同じです。

ですから、検索エンジンにホームページの存在を知らせる手段を取らなければなりません。

ちなみに、インデックスされているがどうかを確認するための方法は、『site:』コマンドを使います。

検索エンジンの検索ボックスに、『site:自サイトのURL』

と入力してください。
インデックスされていれば、自分のサイトが結果に表示されます。

このサイトなら、
『site:https://www.webrealichi.com/』になります。
結果はこのようになります。

インデックス結果

しっかりインデックスされていますね。よかったよかった(笑)。

もし、インデックスされていないとしたら、
他のサイトからリンクを張って検索エンジンのクローラーを呼び込みましょう。

※クローラーとは、ネット上に存在する、検索エンジンの情報収集マシンだと思ってください。
クローラーがサイト訪れることで、検索エンジンのデータベースにサイトの情報が送られます。
クローラーはどこからかリンクが張られていないとやってきません。
サイトを新しく立ち上げた状態は、四方が海に囲まれているようなものなので、
リンクを張って橋をかけないと渡ってこれないのです。

クローラーを呼び込むためには、

  • 他のサイトから新規サイトに向けてリンクを張る
  • ソーシャルブックマークに登録する
  • ソーシャルメディアからリンクを張る
  • Googleウェブマスターツールに登録してサイトマップを送信する

などの方法があります。

2:Ping送信

ブログの場合は、自動的にクローラーを呼び込むシステムが組み込まれているので、
比較的早くインデックスされます。
ブログが、アクセスを集めやすいと言われる一因です。

それが、「Ping送信」です。
これはブログの記事を投稿すると、その更新情報をPingサーバーというところに送る機能です。
Pingサーバーには、クローラーがうようよしているため、
すぐにクローラーが来てくれやすいのです。

ブログのデフォルト設定では、Ping送信が有効になっているのが普通ですから、
記事を更新し続けることで、アクセスは自然に集まってきます。

ブログの場合は、SEOに深入りするよりも、記事の内容を充実させることが大切です。

3:タイトルタグ

検索エンジンからのアクセスを増やすに当たっては、
タイトルが最重要です。

この件に関しては、別記事で詳しく解説していますからご覧ください。
アクセス数をドッと増やし上位表示も実現させるタイトルの付け方~基本編

・検索キーワードに引っ掛かりやすいタイトルの付け方
・検索者の興味を引く付け方

この2つを意識することです。

リアルでの営業も大事

サイトのアクセスは、インターネット上からしか来ないわけではありません。
リアルで知って、ウェブで検索というパターンも多いんです。

最近のCMに多くみられる、「詳しくはWEBで」というヤツです。

特に、地域密着型店舗では、既存客の紹介や看板、フリーペーパーなどで知って、
詳しい情報をネットで調べるお客様が増えています。

リアルでの宣伝には、

  • チラシ(折込、手配り、ポスティング)
  • PR活動
  • 直接営業(名刺、パンフレット)
  • DMはがき
  • FAXDM
  • イベント参加
  • 看板、のぼり

などがあります。

ネットだけで完結させようと思わず、
あらゆるルートからお客様を集めることを考えましょう。

結局最後は、「人」と「人」とのつながりになりますからね。

★後書き

時々、SEOコンサルタントを名乗っている方とお話しすると、
面白いほど話が通じません。

【あちら】
「上位表示しないと稼げませんよ」
「アクセス数を増やすには上位表示させないと」
「被リンクを購入して上位表示させましょう」

【こちら】
「上位表示しなくても稼げますよ」
「アクセス数が少なくても稼げますよ」
「被リンクは気にしても仕方ないですよ」

間に座っていたクライアントさんの頭の中は

????????

だったことでしょう。

どうやら、向いている方向が違うようです。
SEOは手段であって目的ではないんですけどねぇ。
目的は上位表示ではなくて売上でしょ?