パッケージデザイン

こんにちは。
Web行政書士の市川です。

商品のパッケージデザインに凝ると、
ライバルと圧倒的な差別化ができます。

この商品パッケージを見ると、よくわかりますよ。

言葉がなくても、薬の効き目を如実に物語るパッケージ

とある国で販売されているED治療薬のパッケージを見て、
思わず吹いてしまいました。

これ、確かに、効きそうです→http://markezine.jp/article/detail/16448?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

言葉が分からない外国人でも、
内容を想像できる、見事な作品ですね。

差別化は商品そのものだけではない

『今の時代、生き残るためには差別化をしなければならない

商品開発者や、サービス提供者、販売者、
皆、他と違うところを作って消費者にアピールしたいと、
日夜知恵を絞っています。

差別化できなければ、
値段競争に巻き込まれるのが目に見えていますからね。

でも、どうしても違いを出せない商品などもあるかと思います。
そんなとき、今回の話を思い出してください。

商品そのものではなく、
商品を取り巻くものでも、違いを打ち出すことはできます

予算がなくても、アイデア次第で、
いくらでも工夫できますし、

地域密着の店舗なら、全国ではすでに広まっていても、
地元の商圏では初のサービスを提供できる可能性が十分あります。

インパクトが大きければ、口コミも広がって
販促効果も大きいです。

ぜひ、あなただけのオリジナルを作り出してください。