スマートフォン

こんにちは。
Web行政書士の市川です。

クライアントさんには、
「スマートフォン用のサイトを作った方がいいですよ」
と言っておきながら、
自分のホームページにはスマホ用サイトがないことを忘れていました(汗)。

そこで、既存のPCサイトにスマホ用サイトを追加しましたので、
その方法と手順を書いてみたいと思います。

頭の中で、こんな風な順番で考えていきました。

まずはスマホサイトを導入するやり方を“見える化”する

ええと、まず何が必要になるのかな?

とりあえずやらなければならない項目は、

  1. スマホ用サイトを作る
  2. サーバーにアップロードする
  3. スマホでアクセスされた時は、スマホ用サイトが表示されるよう、振り分けられる設定をする

こんなところかな?

じゃあ、スマホサイトは何で作ろうか?
テンプレを検索してみよう。

(検索中・・・検索中・・・)

有料、無料と結構あるね。
自分のサイトだし、テストも兼ねてるから無料でいいか。

ふむふむ、無料のテンプレだと著作権のクレジット表記が消せないのか。
それなら、今持っているサイト作成ツールで作ってもいいか。

【というわけで、すでに所有しているホームページ作成ツールでサクッと製作】
使ったツールは、これ→「SIRIUS」
次世代型サイト作成システム「SIRIUS」
パソコン用のサイトを作れば、同時にスマホ用のサイトと携帯用のサイトの3つが一緒に生成できる優れもの。
FTP機能も付いているので、初めて作るのなら全自動で3種類を一度にアップロードできるのだが、
今回はすでにPCサイトがある状態なので、スマホサイトのみ使用して、
手動でアップロードする。

さて、URLはどうしよう?

アップロードするときに、あれっと迷う。

すでにPCサイトがあるのだから、
単純に下層フォルダにディレクトリを切って上げればいいや、
と思ったけど、サブドメインを作って上げる方法もあった。

振り分け設定に関してはどちらでも問題ないだろうけど・・・
SEO的に有利な方ってあるのかな?

ディレクトリを切った方がPCサイトのドメインパワーが効くような気がするけど、
スマホ専用の検索エンジンが出てくるまでは
スマホサイトのSEOは考えなくてもいい気がするなぁ・・・。

今回は実験がてら、サブドメインでやってみるか。

【というわけで、サブドメインを設定してアップロードをする】

スマホサイトへの振り分け設定は.htaccessで

スマートフォンでアクセスされたときに、
スマホ用サイトを自動で表示させるための振り分け方法を調べてみる。

  • 「.htaccess」ファイルをアップロード
  • JavaScriptをソースに記述
  • PHPコードをソースに記述

主にこのようなやり方があるようだ。
ソースを重くしたくないので、.htaccessを使ってみよう。

「.htaccess」ファイルを作ってサーバーにアップロード。
※「.htaccess」ファイルのコードについては、こちらの記事を参照しました→http://allabout.co.jp/gm/gc/386483/3/【AllAbout】

重複コンテンツ対策にrel=canonical

さて、これで完了のはずだけど、
念のため、重複コンテンツを防止するために、
「rel=canonical」を記述して正規化しておこう。

スマホサイトのコンテンツは、PCサイトからコピー&ペーストしたものだから、
もしかすると重複コンテンツ扱いされて、評価を下げられる危険性も考えられるからね。

★後書き
このようにして、スマホ用サイトを設置しました。
ある程度したら、アクセス解析を確認して結果を分析してみようと思います。

そういえば、途中で大問題に気が付きました。
実は私、スマホを持っていないのです。

つまり、きちんと振り分けられるかの確認ができない・・・。
持っている人にお願いして、ためしてもらうしかないな。