WordPress

先日、WordPressを3.8にバージョンアップしたのですが、今日ログインしてみると、いつのまにか3.8.1が適用されていました。

バージョンアップした覚えがないのに・・・?

調べてみると、WordPress3.7から、自動更新機能が装備されていたそうです。

WordPressが自動バージョンアップを無効にする方法

自動で更新してくれるのは楽でいいですね。
WordPressはバージョンを古いままで使っていると、安全性に不安がありますから。

ついこの前も、
メールのパスワードが流出して、海外からのスパム攻撃を受けたばかり。

ちょうど、セキュリティへ対策には気を遣おうと思っていたところでした。

でもWordPressって、最新版にすればいいというものでもないんですね。

プラグインをアップデートしたら、画面が表示されないトラブルに見舞われたことがあるからです。

WordPressを使う場合は、
WordPressのバージョンとプラグイン、それに使っているテンプレート、java、jquaryなどの相性を検証しながら上げていかないと表示が崩れたり、壊れたりします。

そのため、勝手にバージョンアップされると困る場合もあるんですね。

そこで、自動更新を無効にする機能はないかと管理画面を探したのですが、見つかりません。

調べたところ、このサイトにWordPressの自動バージョンアップを無効にする方法が書いてありました。

http://m.designbits.jp/14012611/

なんと、コードを書き込む必要があったとは・・・

自動更新を完全に無効化するには wp-config.php ファイルに以下を追加してください。

define( ‘AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED’, true );

自動バックグラウンド更新の設定 WordPress Codex 日本語版」より