yahooショッピング

孫正義ヤフー会長が、
Yahooショッピングの利用料を無料にすると発表しました。

これまでは、
2万円くらいかかっていた月額利用料と、
売上のロイヤリティ、
さらには初期費用まですべて無料です。

思いきったことをしますね。

どうやって利益を上げるつもりなのか、
興味のわくところです。

今まで、
楽天などの大型ショッピングモールに出店しても、
売上が上がらなくて
撤退するお店が多かったりしたのが実情でしたが、

これで、出店に関するリスクは全くなくなりました

出店を希望するお店は増えることでしょう。

事実、発表わずか一日でYahoo!ショッピングの出店希望は、
ストア10,000件、個人16,000件に上りました→http://pr.yahoo.co.jp/release/2013/1009a.html

リスクは減っても格差は広がる・・・

お店側にとっては歓迎すべきことなのでしょうが、
良く考えなければならないポイントもあります。

それは、出店に対するリスクは減ると言っても、
売れるかどうかは別問題だというところ。

せっかくオープンしても、
開店休業状態になる可能性は付きまとうのです。

これまでそうだったように、
ネット通販の業界は、格差が広がりやすいです。

通販に参入したことのある方なら、
身にしみてお分かりだと思います。

売れるお店はバンバン売れているのに、
売れないお店は、全く売れない・・・

ネット通販の世界では、比較がしやすいので、
お客さんは、当たり前のように他のお店と見比べて、
値段や条件のいいところを選ぶからです。

また、お店の存在を知ってもらうために、
高い費用をかけて広告を打たなければならない場合もあります。

そうなると、体力のある企業が有利で、
個人店や規模の小さい会社は不利になります。

「タダだから出す!」というのではなく、
どうやって売るか?』まで検討した上で、
出店するかどうかを決めるべきでしょう。

ノウハウのセールスに注意

とはいっても、
これを機にYahooショッピングへの出店は増えると思われます。

でも、出しただけでは売れませんから、
販促の方法を考えなければなりません。

Yahoo側でも広告収入を主体にすると言ってますから、
広告出稿の勧誘は増えるでしょう。

費用対効果を考えた上で、
必要ならば出稿することも検討すべきでしょうね。

また、コンサル会社やマーケティング業者などから、
「販売ノウハウを教えます」的な誘いも
山ほど来るはずです。

こういう情報には要注意です。
玉石混合ありますから。

注意するポイントを挙げるとするなら、
あからさまにに煽るようなうたい文句からは一歩引く
ということです。

例えば、
「片手間の作業で○○万円」
「このツールを導入するだけで、楽に売上が○倍に」

なんて派手なセールストークは、
短期間で使えなくなるテクニックが多いのに加え、
詐欺的商材もあったりします。

ビジネスは、長期間安定して売上を上げられることが理想でしょう?
それは決して楽なことではないはずです。

それを可能にするのは、地道な作業の繰り返し
『王道』と呼ばれ、ネットが普及する
はるか前から行われてきた販促手法です。

集客ノウハウを知りたいと思うなら、新しそうなものに飛びつくのではなく、

まずは、図書館に行ってビジネスコーナーの本を
何冊か借りて読んでみてください。

無料で売上げを上げる知恵が
手に入りますよ。