遂に、というかようやくというか…
スマホデビューを果たしました。

キャリアではなく、今話題の格安スマホです。

ASUSの「Zenfone2 Laser」という機種を買いました。

初めてのスマホなので、取り扱いに四苦八苦しています(泣)。

裏ぶたが開けられない・・・

今回買ったのは格安スマホですので、SIMを自分で差し込まないことにはデータ通信が始められません。
そこで、SIMを入れるために裏のカバーを外そうと思ったのですが、まずここからつまずきました。

ふたが硬くて外せません・・・

公式のマニュアルには、「側面にある切込みから開けるように」と書いてあるのですが、爪でひねっても開かず、マイナスドライバーを使っても駄目。

公式マニュアルの溝

やればやるほど、切込み付近がボロボロになっていきます・・・

そこで検索して見ると、「Zenfone2 Laser」の裏ぶたの開け方にはコツがあるそうです。
それは、下面にあるUSBポートから開けるのが簡単でいいとのことでした。

これ、ネット上では結構有名な話みたいです。

このUSBポートを利用します。
USBポート

USBポートに両脇から爪をかけて広げます。
爪をかけて広げる

できた隙間に爪を差し込み、
隙間に爪を入れる

本体とカバーの間に沿ってぐるっと一周させます。
爪をスライドさせる

これで外せました。
バッテリーを外したところ

バッテリー交換とSIM交換の手順

ふたを開けたら、バッテリーを外します。

この前の型の「Zenfone5」や上位機種の「Zenfone2」では、自分でバッテリー交換することができません。
この変更は嬉しいですね。
バッテリーがへたっても交換できるなら、長く端末を使用することができますから。

バッテリーを外すとSIMスロットが2ヵ所見えます。
右がSIM1で、左がSIM2です。
SIMのサイズは、「microSIMカード」です。

SIMスロット1の上に、microSDカードスロットがあります。

標準でデュアルSIM仕様なのもいい感じ。
海外に行った時は、現地で買ったSIMを2のスロットに入れればいいですね。

今度、海外に行く際に試してみます。

データ通信をするためには、SIMをスロット1に入れて、

SIMを差し込む

「設定」から「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」→「アクセスポイント名」とタップしていき、契約した会社のラジオボタンをチェックして、モバイルネットワークの画面で「データ通信を有効にする」をONにしたところ、データ通信ができるようになりました。